2020年2月9日 Garoon API アップデート情報

API 更新情報

2020年2月9日に実施するメンテナンスにおける、Garoon APIのアップデートは次のとおりです。

Garoon JavaScript API

機能追加

メール送信前イベントを追加しました
対象API

メールを送信する前のイベント - mail.mail.send.submit

内容
  • メールの作成・再送信・返信画面で[送信する]ボタンをクリックしたときに発生するイベントです。
  • モバイル画面およびKUNAIでは利用できません。
  • イベントで取得できるメールオブジェクトでは、画面で設定した次のプロパティを取得できます。
    • 標題
    • 本文
    • To
    • Bcc
    • 差出人
    • 署名
関連 Tips

メール送信前イベントを使って、送信前に注意喚起するカスタマイズをしよう

不具合修正

ワークフロー申請の作成画面が表示されたときのイベントで return event すると、申請フォームの初期値に設定した「所属する組織」が設定されない現象を解決しました
対象 API

ワークフロー申請の作成画面を表示したときのイベント - workflow.request.create.show

発生条件

次のすべての条件が当てはまる場合でワークフロー申請を作成するとき

修正内容
修正前
初期値に設定した「所属する組織」が設定されない。
修正後
初期値に設定した「所属する組織」が設定される。
予定の登録・変更の保存実行前イベントを利用するカスタマイズを適用している場合で、予定の登録・変更時に一部のタイムゾーンを設定すると予定が登録・変更できない場合がある現象を解消しました
発生条件

次のすべての条件が当てはまる場合で、予定の登録または変更するとき

修正内容
修正前
エラーダイアログが表示され、予定を登録または変更できない。
修正後
予定を登録・変更できる。

製品のアップデート情報

API以外のGaroonのアップデートに関する情報は、 クラウド版 Garoon 更新情報 (External link) を参照してください。
2月定期メンテナンス分は後日公開されます。