2024年2月11日 kintone API アップデート情報

API 更新情報

2024 年 2 月 11 日に実施するメンテナンスにおける、kintone API のアップデート内容は次のとおりです。

今月の kintone API

2024 年 2 月版の kintone では、kintone JavaScript API で数値フィールドに対して使用できる値を定め、使用できない値を扱う際の挙動が変わります。
この変更は、2023 年 11 月の定期メンテナンスよりアップデートオプションで先行提供を開始していた機能です。
変更の背景の詳細は、次のお知らせページを参照してください。
2023 年 11 月 12 日に先行提供を開始するアップデートの紹介

この変更は、次のオプションで新機能の無効化を実施することで、2024 年 5 月まで無効にできます。
「新機能の無効化」による無効化 (External link)

  • 「数値フィールドを取得またはセットする JavaScript API で、不正な値が入力されている場合の動作の変更」を無効にする

kintone JavaScript API

仕様変更

kintone JavaScript API において数値フィールドで取得または書き換えが可能な値を定めました

kintone JavaScript API において数値フィールドで取得または書き換えが可能な値は次のとおりです。

  • 数値
    • 符号には「+」または「-」を使用できます。
    • 小数点記号には「.」を使用できます。
    • 指数表記を使用できます。指数の記号には「e」または「E」を使用できます。
  • 空文字

数字または記号は、半角文字のみ使用できます。
上記に加え、数値フィールドを書き換える API またはイベントでは次の値を使用できます。

  • undefined null
    これらの値を指定すると、数値フィールドの値が空になります。
  • #INVALID!
    この値を指定すると、数値フィールドの値は書き換えられません。

以上に当てはまらない値は、数値フィールドでは不正な値として扱われます。

数値フィールドに不正な値を入力した場合、レコードオブジェクトの値に「#INVALID!」が設定されます
対象イベント/API
備考

不正な値かどうかを判定する前に、次の処理が行われます。

  • PC 画面:文字の半角化、桁区切り文字の除去、前後の空白の除去
  • モバイル画面:前後の空白の除去
数値フィールドに不正な値を指定して、対象イベントまたは API を使って数値フィールドの値を書き換えようとすると、エラーが発生します
対象イベント/API
数値フィールドに「#INVALID!」を指定して、対象イベントまたは API を使って数値フィールドの値を書き換えようとすると、値の書き換えは実施されず、数値フィールドに入力されている値が維持されます
対象イベント/API
備考

「#INVALID!」を指定した数値フィールド以外のフィールドは、従来とおり値の書き換えが行われます。

モバイル版の数値フィールドで、入力された値の前後に空白が入っていた場合、空白が取り除かれた値を取得するようになります
対象イベント/API
モバイル版の数値フィールドで、前後の空白を除去すると入力前と後の値が同じになる場合、フィールドの値を変更したときのイベントは発生しなくなります
対象イベント/API

製品のアップデート情報

API 以外の kintone のアップデートに関する情報は、 kintone アップデート情報 (External link) を参照してください。
2 月定期メンテナンス分は後日公開されます。