スペースの情報を取得する(取得できる項目が増える)

目次

caution
警告

このページで説明している API は、開発を検討中の API です。

アップデートオプション内の「開発中の新機能」から動作をお試しいただけます。 設定方法は、 新機能の有効/無効の切り替え手順 (External link) を参照してください。

API に関するフィードバックを、ユースケースとともに、 kintone の改善に協力する (External link) フォームへぜひご登録ください。

フィードバックの例
  • API ラボで提供されている API を早く本番環境で利用したい
  • こういう用途で使うために、このような API を提供してほしい

スペースの情報を取得する(取得できる項目が増える)

スペースの情報を取得するAPI で、取得できる項目が増えます。

現在は以下の情報が追加で取得できます。

  • 「アプリ作成できるユーザーをスペースの管理者に限定する」

利用するには開発中の新機能の「スペースの情報を取得する REST API で、『アプリ作成できるユーザーをスペースの管理者に限定する』設定も取得できる変更」を有効にしてください。

レスポンス

スペースの情報を取得するAPI のレスポンスに、以下の項目が追加されます。

プロパティ
プロパティ名 説明
permissions オブジェクト スペースに関する権限
permissions.createApp 文字列 アプリを作成できるユーザー
  • EVERYONE:すべてのユーザー
  • ADMIN:スペースの管理者
レスポンスの例
1
2
3
4
5
6
{
  //(既存のプロパティは省略)
  "permissions": {
    "createApp": "EVERYONE"
  }
}