レコード編集ボタンの表示・非表示を変更する

目次

caution
警告

このページで説明している API は、開発を検討中の API です。

アップデートオプション内の「開発中の新機能」から動作をお試しいただけます。
設定方法は、 新機能の有効/無効の切り替え手順 (External link) を参照してください。

API に関するフィードバックを、ユースケースとともに、 kintone の改善に協力する (External link) フォームへぜひご登録ください。

フィードバックの例
  • API ラボで提供されている API を早く本番環境で利用したい
  • こういう用途で使うために、このような API を提供してほしい

レコード編集ボタンの表示・非表示を変更する

現在開いているアプリのレコード編集ボタンの表示/非表示を変更します。

利用するには開発中の新機能の「レコード編集ボタンを表示または非表示にする JavaScript API」を有効にしてください。

関数

PC

kintone.app.record.setRecordEditButtonShown(isShown)

モバイル

なし

引数

引数名 必須 説明
isShown 真偽値 必須 レコード編集ボタンを表示するかどうか
  • true:表示する
  • false:非表示にする

戻り値

なし

利用できる画面

PC
  • レコード詳細画面
モバイル

なし

information

モバイルでの対応は検討中です。