kintone カスタマイズファイルのアップロード方法まとめ

目次

はじめに

kintone をカスタマイズする JavaScript/CSS ファイルを効率的にアップロードする方法を紹介します。

方法 1 kintone 上で直接編集する方法

概要

JavaScript エディタ機能をもつ「JSEdit for kintone プラグイン」を利用する方法です。
プラグインの設定画面から kintone の JavaScript/CSS ファイルを作成・編集します。

kintone 上でカスタム JS や CSS を編集できるプラグイン「JSEdit for kintone」を使ってみよう

方法 2 コマンドラインを利用する方法

概要

コマンドライン上で kintone の JavaScript/CSS ファイルをアップロードするツール「customize-uploader」を利用する方法です。
ファイルの変更を自動で検知し、ファイルを kintone の環境にアップロードします。

customize-uploader

方法 3 Visual Studio Code を利用する方法

概要

コードエディタ Visual Studio Code の拡張機能「Live Server Extension」を利用する方法です。
「Live Server Extension」を使うと、ローカル PC に Web サーバーを立てることができます。
kintone の JavaScript/CSS ファイル適用画面へ、ローカルにあるファイルの URL を指定します。
そうすることで、kintone の環境に適用します。

注意事項

自分の端末からのみ kintone の動作を確認できるため、開発時にのみ利用してください。

Visual Studio Code Live Server Extension を使って kintone カスタマイズ開発効率をあげよう!