Zendesk for kintone

目次

概要

Zendesk Inc. の提供するサービス Zendesk (External link) で管理している問い合わせ(チケット)をkintoneのレコードで確認できるプラグインです。

注意事項

  • サンプルプラグインに関するお問い合わせは、APIサポート窓口へのお問い合わせの対象外です。
  • kintoneプラグインは、スタンダードコースでのみ利用できます。
  • このプラグインでは、APIドキュメントで公開していないAPIを利用しています。
    非公開APIを利用したプラグインの開発および販売はしないでください。

制限事項

  • モバイル用のブラウザーおよびkintoneモバイルでは、チケットのコメントを確認できません。
  • Zendesk上でリクエスタや担当者の名前を変更した場合、新しい名称で関連するチケットを検索できないことがあります。
    終了していないチケットの場合は、チケットの内容を更新してください。
  • 検索条件にカスタムフィールドを選択した場合、すべてのカスタムフィールドの値が検索対象です。
  • コメントを表示する際、コメント内の添付ファイルを表示できないなど、Zendesk上での表示と一部違いがあります。
  • コメントの番号(「#2」)など、チケット内の相対リンクはZendeskの相対リンクとして表示されません。

プラグインの機能

kintoneのレコード上で、検索キーワードに一致するZendeskチケットを表示します。
チケットの次の情報から検索できます。

  • リクエスタ(顧客)
  • 担当者
  • タグ

チケット行をクリックすると、5件までの最新のコメントを確認できます。

プラグインのパッケージング

Zendesk for kintoneプラグインのソースコードは、公開していません。

パッケージングしたサンプル

このプラグインはプラグイン開発のためのサンプルで、サポート対象外です。
ご理解の上、ダウンロードしてください。

SAMPLE_zendesk_plugin_v6.0.2.zip

プラグインの設定

STEP1:プラグインの読み込み

kintoneシステム管理画面で、パッケージングしたファイル(zipファイル)を読み込みます。
ファイルからプラグインを読み込む (External link)

STEP2:アプリの追加

  1. アプリを追加します。

  2. 次のフィールドを配置します。

    フィールド フィールドの種類 備考
    検索キーワードにするフィールド 文字列(1行)またはリンクまたはレコード番号 チケットの検索キーワードとして使用するフィールド
    レコード番号を配置する場合、アプリコードを設定するとアプリコードを含めた番号が検索キーワードになります。
    テーブル内フィールドは使用できません。
    チケットを表示するフィールド スペース チケットを表示するスペース
    要素IDを設定してください。

STEP3:プラグインの追加と設定

  1. アプリの設定画面を開き、プラグインを追加します。
    アプリにプラグインを追加する (External link)

  2. プラグインの設定画面を開き、項目を設定します。

    項目名 必須 説明
    Zendeskドメイン名 必須 Zendeskのサブドメイン名
    OAuthクライアント 必須 Zendeskで取得した、OAuthの「一意のID」と「シークレット」
    ZendeskでのOAuthクライアントの設定は、 Zendeskのヘルプ (External link) を参照してください。「リダイレクトURL」には次のURLを指定します。
    https://oauth.cybozu.com/redirect
    検索条件 必須 検索キーワードと検索対象の関連付け
    • kintoneフィールド:検索キーワードにするフィールド
    • Zendeskチケットプロパティ:Zendeskチケットのプロパティ
    フィルター 省略可 絞り込み条件
    表示するチケットをさらに絞り込む場合に指定します。
    kintoneスペースフィールド 必須 チケットを表示するフィールド
  3. 【保存】をクリックします。

  4. 「アプリの設定」画面で、【設定完了】をクリックします。

STEP3:動作確認

  1. レコード追加画面を開きます。
    Zendeskへのログインを求める画面が表示された場合は、エラーメッセージのリンクをクリックしてZendeskにログインしてください。

  2. 「検索キーワードにするフィールド」へ、チケットの検索キーワードを入力します。

  3. レコードを保存します。

  4. 検索キーワードに関連するチケットが、保存したレコードに表示されていることを確認します。

更新履歴

  • 2015年9月4日v5.0.0を公開
  • 2017年9月12日v6.0.0を公開
    • チケット合計数が表示されるようにしました。
    • チケットデータが表示された行をクリックすることで、コメントを表示できるようにしました。
    • 検索条件でカスタムフィールドを選択できるようにしました。
    • 一部の日本語化に対応しました。
    • その他画面の表示など軽微な修正を実施しました。
  • 2017年9月15日v6.0.1を公開
    • グループフィールドを配置した場合、設定画面のスペースのIDが取得できない不具合を改修しました。
    • その他画面の表示など軽微な修正を実施しました。
  • 2024年1月12日v6.0.2を公開
    • プラグインのhomepage_urlを修正しました。
information

このプラグインは、2015年9月のアップデート以前にkintone製品からインストール可能だったZendeskプラグインと同じ機能を提供しています。
当時のデザインは一部変更しています。

利用しているOSSのライセンス情報

このプラグインで利用しているOSSのライセンスは次のとおりです。