回答の条件によって別フィールドの表示/非表示を切り替える

目次

概要

設問の回答によって、フィールドの表示/非表示を切り替えるカスタマイズサンプルです。

完成イメージ

設問1〜5の選択によってフィールドの表示/非表示を切り替えます。

各設問のフィールドが「非表示」の状態

各設問のフィールドが「表示」の状態

下準備

サンプルプログラム

サンプルプログラムの解説は、こちらの チュートリアル記事にあります。
「コードの意味は理解できていない」「変更を加えたいけど、どの部分を修正すればいいかわからない」と感じている方は、ぜひチュートリアル記事を確認してみてください。

プログラム(JavaScript)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
/*
 * 回答の条件によって別フィールドの表示/非表示を切り替えるサンプルプログラム
 * Copyright (c) 2022 Cybozu
 *
 * Licensed under the MIT License
 */
(() => {
  'use strict';

  // レコードの追加、編集、詳細画面で適用する
  const events = ['app.record.detail.show',
    'app.record.create.show',
    'app.record.create.change.past',
    'app.record.create.change.radio2',
    'app.record.create.change.radio3',
    'app.record.create.change.radio4',
    'app.record.create.change.radio5',
    'app.record.edit.show',
    'app.record.edit.change.past',
    'app.record.edit.change.radio2',
    'app.record.edit.change.radio3',
    'app.record.edit.change.radio4',
    'app.record.edit.change.radio5'];

  kintone.events.on(events, (event) => {

    const record = event.record;

    // 1問目になにも選択されていなかった場合は「その他」フィールドを表示しない
    const past = record.past.value;
    if (past.length === 0) {
      kintone.app.record.setFieldShown('other', false);
    }

    // 1問目で「その他」が選択された場合は「その他」フィールドを表示する
    for (let i = 0; i < past.length; i++) {
      if (past[i] === 'その他') {
        kintone.app.record.setFieldShown('other', true);
      } else {
        kintone.app.record.setFieldShown('other', false);
      }

    }

    // 2問目の回答に応じて「予防接種名」フィールドの表示、非表示を切り替える
    if (record.radio2.value === 'ある') {
      kintone.app.record.setFieldShown('vaccination', true);
    } else {
      // 「ない」の場合は非表示
      kintone.app.record.setFieldShown('vaccination', false);
    }

    // 3問目の回答に応じて「病名」「発症した時期」フィールドの表示、非表示を切り替える
    if (record.radio3.value === 'いいえ') {
      kintone.app.record.setFieldShown('disease', false);
      kintone.app.record.setFieldShown('date3', false);
    } else {
      // 「はい」の場合は「病名」「時期」を表示する
      kintone.app.record.setFieldShown('disease', true);
      kintone.app.record.setFieldShown('date3', true);
    }

    // 4問目の回答に応じて「アレルギーの原因」「症状」フィールドの表示、非表示を切り替える
    if (record.radio4.value === 'ない') {
      kintone.app.record.setFieldShown('cause', false);
      kintone.app.record.setFieldShown('symptom', false);
    } else {
      // 「ある」の場合は「病名」「時期」を表示する
      kintone.app.record.setFieldShown('cause', true);
      kintone.app.record.setFieldShown('symptom', true);
    }

    // 5問目の回答に応じて「詳細」フィールドの表示、非表示を切り替える
    if (record.radio5.value === 'ない') {
      kintone.app.record.setFieldShown('detail', false);
    } else {
      // 「ある」の場合は「病名」「時期」を表示する
      kintone.app.record.setFieldShown('detail', true);
    }

    return event;
  });
})();

JavaScriptカスタマイズの設定

  • アプリ管理の詳細設定にある「JavaScript / CSSによるカスタマイズ」を開きます。
  • 上記のプログラムをエディターに保存し、PC用のJavaScriptファイルにアップロードします。
    • ファイル名sample.js(ファイル名は任意)
    • 文字コード「UTF-8」

使用したAPI

  1. イベントハンドラーを登録する
  2. レコード詳細画面を表示した後のイベント
  3. レコード追加画面を表示した後のイベント
  4. レコード編集画面を表示した後のイベント
  5. レコード追加画面でフィールドの値を変更したときのイベント
  6. レコード編集画面でフィールドの値を変更したときのイベント
  7. フィールドの表示/非表示を切り替える

デモ環境

デモ環境で実際に動作を確認できます。
https://dev-demo.cybozu.com/k/55/ (External link)

ログイン情報は cybozu developer networkデモ環境で確認してください。